私の美しい明るいカブと私の大きな飢え

私の美しい明るいカブと私の大きな飢え
インフォ オルビス

聖マーティンの日にボコルトの子供たちが通りを歩くと、彼らのランタンが光ります。 いくつかのランタンは紙で作られていますが、他の非常に特別なライトもあります:ビートから作られたランタン。 ビートは、特に貧しい人々にとって、安価な野菜であり、一般的な食べ物でした。 そして、それらから安価なランタンを作ることができます。 「ランケル」とも呼ばれるカブは、切り抜かれ、「くり抜かれた」。 内側は取り除かれ、わずかに厚い外層だけが残っています。 写真のように、モチーフの違うナイフで飾られています。 これは今日でも伝統的に行われています。 水曜日の大きなマーティンパレードの間、あなたはこれらのビートランタンの多くを賞賛することができます。 OrbisチームのBiancaは、子供の頃に本当にお腹がすいたときのそのような動きを覚えています...(続きを読む!)

うまくいけば、私たちはすぐに市庁舎に着くと思いました。そこでは聖マーティンが描かれ、白い馬に座っています。 努力して、片方の足をもう一方の足の前に置きました。 マーティンパレードで街を長く歩いたのは私にとって疲れました。 私のビートランタンは重かった。 なぜ私は最も大きくて重いカブを選び、それを使ってランタンを作ったのですか? さて、それは飾るためにより広い領域を持っていました:私はたくさんの愛を込めてカブに木、小さな家、教会、月と多くの星を彫りました。 私のカブの中のろうそくはこれらすべての彫刻を明るく輝かせました、そして私は私のかわいい「ランケル」をとても誇りに思いました。

でも今、学校の授業で市役所に行く途中、いきなり綺麗なカブが大変でした。 私は彼ら全員が見ることができるように彼らを持ち上げるのに苦労しました。 私の腕は一歩ごとにもっと痛んだ。 あなたは泣いてはいけません、ビアンカ、他の子供たちはあなたを笑うことができると私は思いました。 お腹が空いたのでお腹がうなりました。 私は一緒に自分自身を引っ張らなければなりませんでした。 それから思いついたのは、パレードの端に行って、観客が私のランタンの片側しか見えないようにすることでした。 私は彼らが見ることができなかった反対側をただ食べることができました。 そうすれば、私のマーティンズのカブは半分の重さになり、空腹になる必要がなくなります。

それで私はかじり始めました。 非常に注意深く、少しずつ。 ビートの約半分だけが残るまで。 今は気分が良くなりました。 目的地の歴史ある市庁舎に到着し、パレードの最後に、リンゴ、オレンジ、スペキュロスのビスケットの袋に配られたおいしいものすべてを楽しみにしていました。 突然、先生の声が聞こえました。「マーティンのカブの半分しか残っていません。残りの半分はどこにありますか? あなたのカブは落ちましたか?」「いいえ、」私は正直に答えます。 「お腹が空いていて、しかも重すぎた」と先生は大笑いし、「まぁ、本当に賢い人だよ」と言ってくれました。優しいウインクをくれて、マーティンバッグをくれました。 とても楽しみにしていたスペキュロを食べていたらどうだったか。 しかし、それは機能しませんでした。 私の胃はいっぱいでした、私はまだ私のカブでいっぱいでした。

そこで、来年のマーティンのパレードのランタンとして、小さくて軽いカブを使い、お腹がすいたらマーティンのバッグの中身を楽しむことにしました。

この画像には空のalt属性があります。 ファイル名はOrbisStMartinF3.jpgです。

この画像には空のalt属性があります。 ファイル名はOrbisStMartinF4.jpgです。

Orbisについて

Orbisプロジェクトは、ボコルトに住む大多数の人々に到達できるいくつかの言語で理解できる情報を提供します。 プロジェクトグループだけがレポートを作成します。 コンテンツの責任者はHans-JürgenDickmann、Up'mHöwel45、46399 Bocholt、電話02871 3 17 82