BocholtTVとBocholtNewsが「MadeinBocholt」になります

BocholtTVとBocholtNewsが「MadeinBocholt」になります
Allgemein

ニュースポータルのBocholtTVとBocholtNewsは一緒に成長しており、現在、統一された雑誌のデザインで「MadeinBocholt」という共通のタイトルで表示されています。 「背景は、私たちのジャーナリズムの提供が徐々に専門化されていることです」と、BertholdBlesenkemperは説明します。 将来的には、Made in Bocholtは、政治、ビジネス、社会の分野から、より多くの独自のレポート、レポート、コメントを作成する予定です。

Facebookページの約13.000人の購読者には、通常の最新の簡単な情報が提供されますが、オンラインポータルには、より長いレポートと背景情報が含まれています。 「MadeinBocholt」の両側は密接にリンクされており、誰でも自由にアクセスできます。

「PANマガジンと一緒に実現した36,5度のポートレートシリーズに対する多くの肯定的な反応と、私たち自身のコメントと分析により、この一歩を踏み出すことができました」とBertholdBlesenkemper氏は述べています。 以前と同様に、チームは外部ソースもMade inBocholtにリンクしています。 「今では、街には詳細なテキストを書いたり、すばらしい写真を撮ったりする人がたくさんいるので、車輪を作り直す必要はありません。 むしろ、私たちは自分たちをその日の最も重要な、または最も美しいものを探し、それを参照したりリンクしたりする人々と見なしています」と続けています。

Made in Bocholtがこのタスクを実行できるように、編集チームは企業、協会、組織にニュース配信リストにそれらを含めるように依頼します。 「へのメール info@madeinbocholt.de 私たちに知らせるのに十分です」とBertholdBlesenkemperは説明します。 ヒントや提案も同じアドレスで受け取られます。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。