ハンドルに酔いしれる

ハンドルに酔いしれる
クルツ 警察

ボコルト(ots)-21歳の少年は、火曜日にボコルトで車のハンドルの後ろの場所を無意識に空けなければなりませんでした。警察官は夜遅くにバーロアウェグで彼をチェックしました。 薬物検査では、大麻の有効成分であるTHCについて陽性の結果が示されました。 警官たちは若い運転手を警察署に連れて行った。 薬の消費量を正確に証明できるように、医師は彼から血液サンプルを採取しました。 警察はその旅を禁止し、運転免許当局に苦情と報告を行った。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。