現在までに、ボルケン地区の3286人がワクチン接種を受けています

現在までに、ボルケン地区の3286人がワクチン接種を受けています

Westfalen-Lippeはコロナに対してワクチン接種を行っています。法定健康保険医師協会によると、それは大きな進歩を遂げています。「昨日配達されたワクチンは、今日すでにワクチン接種されています。 モバイルチーム、退職後の家、老人ホーム、そして関係者全員がここで本当に素晴らしい仕事をしています」と博士は強調します。 KVWLのCEO、DirkSpelmeyer。 ボーケン地区では、これまでに3286人がワクチン接種を受けており、その半分は退職後の在宅居住者、残りの半分は看護スタッフです。

1月末までに、NRW保健省によって認可されたすべての住宅が最初のワクチン接種を受け、XNUMX回目のワクチン接種が数日以内に多くの施設で開始されます。 「老人ホームや養護施設でのワクチン接種により、私たちはウイルスとの闘いにおいて重要な一歩を踏み出しました。 間もなく第XNUMX段階に到達します」とDr. KVWLの副会長であるVolkerSchrageとKVWLの取締役であるThomasMüllerは確信しています。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。