Bundeswehrの兵士が聖アントニウス病院グロナウを支援

Bundeswehrの兵士が聖アントニウス病院グロナウを支援
レジオ

11年2021月XNUMX日以来、BundeswehrのXNUMX人の兵士が、コロナ関連の追加タスクに対処するために、聖アントニウス病院グロナウで働いています。
運営の基礎は、BundeswehrとBorken地区によって組織された行政支援手続きです。 現在の状況では、兵士はXNUMX月末までロジスティックおよび管理タスクのために配置されます。
7つの企業は、アーレンの偵察大隊XNUMXに一時的に軍事サービスのボランティアとして、または一時的に兵士として配置されており、ここ数か月ですでにさまざまなコロナの特別作戦に関与しています。
訓練後、兵士は主に患者や訪問者からの質問やデータ収集に使用されますが、人事部やその他の分野でも使用されます。 追加の人的資源は、現在特に需要がある非医療分野のいくつかを緩和するのに役立ちます。
活動中、兵士の何人かは病院のビジターアパートに収容されています。
「私たちはこの申し出に非常に満足しており、すべてがどれほど迅速かつ簡単に行われたかについて熱心に取り組んでいました」とマネージングディレクターのクリストフブロッカーは報告します。 もちろん、若い男性にとって、ここではすべてが新しく、最初に道を見つける必要がありますが、彼らは非常にうまくやっています」と彼は報告します。「私たちは最近、病院へのXNUMX番目の入り口を開きました。 選択された患者グループと訪問者のためのこのアクセスは、正面玄関で時々厳しい状況を正すことを目的としています。 ここでは、とりわけ、私たちは自分たちの従業員と一緒に兵士をうまく配置することができます」とBröckerは説明します。
「私たちにとっても、訪問者や患者にとっても、制服を着た男性がレセプションエリアに座っているのは珍しい光景です」とクリニックのスポークスマンAnsgarHöingは説明します。 「外灘」の後ろに。 若い男性はとてもオープンでフレンドリーです。 あちこちで組織的な歯の問題がまだありますが、すべてにおいてすべてがかなりうまくいっています。 これらの特別な時期のサポートにとても満足しています。」
行政支援がどの程度、どのくらいの期間使用されるかは現時点では言えず、とりわけXNUMX月末までの進展に依存します。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。