地区管理者と市長は「ワクチン接種を受けろ!」と訴えます。

地区管理者と市長は「ワクチン接種を受けろ!」と訴えます。

ヴェレンの「ワクチンセンター地区ボーケン」は、1年2021月14.01.2021日に営業を開始します。 地区管理者博士Kai Zwickerは本日(80年XNUMX月XNUMX日)、地区の市長にビデオ会議の準備について通知しました。「インフラストラクチャは整っており、労働力は訓練されており、ようやく物事がすぐに始まることを嬉しく思います。」 コロナウイルスのパンデミックとうまく戦うためには、できるだけ多くの人々にワクチンを接種することが重要です。 老人ホームや老人ホームの住民がワクチン接種を受けた後、自宅に住むXNUMX歳以上のすべての市民は、数日中にワクチン接種に関する必要な情報が記載された招待状を受け取ります。

その後、25年2021月XNUMX日からオンラインで予約できます。 www.116117.de または、フリーダイヤル0800/116 117に電話してください。 予約なしのワクチン接種は不可能である、と博士は強調します。 ピンスネズ。 市長と一緒に、彼は人々に訴えます:「あなた自身とあなたの仲間の人間を守りなさい、予防接種を受けなさい!」 同時に、地区と地方自治体の長は、ヴェレンで最初に非常に古いもののワクチン接種を提供する所与のスケジュールを指摘します。 したがって、他のすべての人にとって、「私たちは自分の番になるとワクチン接種を受けます」。 したがって、今後数週間は忍耐が必要になりますが、利用できるワクチンが多ければ多いほど、それはより早く行われます。
住所がSchlatt23、46342 Velenのワクチン接種センターは、Borken地区の中心部にあります。 あらゆる方向からB525またはL608幹線道路を経由して車で行くことができ、それに応じて標識があります。 十分な無料駐車スペースがあります。

バスに乗って、通常のウェストファリアの料金でワクチン接種センターに行くことができます。 旅の情報はインターネットで入手できます。 www.bubim.de。 02本のタクシーバスラインがワクチン接種センターに直接行きます。 その後、旅行は電話番号51 144/80 444で登録する必要があります。

ワクチン接種センターまでタクシーを利用したい場合は、適切な時期に地元のタクシー会社に電話する必要があります。 事前に予約すれば、より安い料金で旅行を提供する会社もあります。 セクション60SGB Vの意味の範囲内で保険をかけられている人(たとえば、aG、Bl、H、またはケアレベル3、4、または5で重度の障害者)は、医学的に必要な輸送手段の旅費を賄うために、担当の健康保険会社に連絡する必要があります明確にするために。
コロナワクチン接種に関する詳細情報と重要な注意事項は、次のURLで入手できます。 Kreis-borken.de/impfzentrum.

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。