NaturschutzbundはMussumにXNUMXつのコウノトリの巣を作ります

NaturschutzbundはMussumにXNUMXつのコウノトリの巣を作ります

Naturschutzbundは、Mussumの南にXNUMXつのコウノトリの巣を作成しました。 この目的のために、枯れた桜の木と、持ち上げ台とチェーンソーを備えた枯れたカラマツの幹が、実際のコウノトリの巣の土台になりました。 地区協会の会長であるマイケル・ケンプケスと、NABUローカルグループのグロナウのコウノトリの監督者であるトーマス・ケイメルが高く評価されました。 両方とも木を剪定し、コウノトリのプラットフォームを専門的に組み立て、土曜日に新鮮なXNUMX月の気温と高い高さで作業しました。 コウノトリのプラットフォームは以前に一致するように作られていました。 マウントされたブラシウッドの束は、最初のネストアプローチを形成します。 コウノトリが巣の申し出を受け入れるように、それは白いペンキで塗りつぶされ、スプレーされます。 これは、繁殖を希望するコウノトリに、巣がうんざりしていたためにすでに使用されていることを示唆しています。

過去数年間、ボコルトの南で多くのコウノトリが目撃されており、全体的なコウノトリの個体数は増加しています。 このネスティングキャンペーンで、オーナーとNABUは人口の安全に貢献しています。 広々とした自然の敷地のすぐ隣には、広大なワイルドフラワーエリアのある大きな池があります。 ロイクムとウェルスのイッセル低地にある食料源へのコウノトリの道はそう遠くありません。 ヴェルターブルックでは、NABUは再生された数ヘクタールの野生の牧草地も所有しています。

テキストと写真:Norbert Osterholt

ボコルト製
Berthold Blesenkemper
Paul-Ehrlich-Strasse 4
46397ボコルト
電話番号:02871 / 9957700
ファックス:02871 / 9957701
モバイル+4915151143524
E- XNUMX月 info@madeinbocholt.de
ウェブ: madeinbocholt.de

GDPR第13条に基づく必須情報最初の連絡の場合、GDPR第12条および第13条に基づき、データ保護法に基づいて次の必須情報を提供する義務があります。メールでご連絡いただいた場合、お客様の個人データは関連する範囲でのみ処理されます。正当な利益があり(第6条(1)(f)GDPR)、データ処理(第6条(1)(a)GDPR)、開始、正当化、コンテンツ設計、または間の法的関係の変更の処理に同意したあなたと私たちが必要です(Art。6Para。1lit。b GDPR)または別の法的規範が処理を許可します。 お客様の個人データは、削除を依頼するか、保存への同意を取り消すか、データ保存の目的が適用されなくなるまで(たとえば、リクエストが処理された後)、当社に残ります。 強制的な法定条項、特に税法および商法に基づく保持期間は影響を受けません。 保存された個人データの出所、受信者、目的に関する情報をいつでも無料で受け取る権利があります。 また、異議を申し立てる権利、データの移植性、および責任のある監督当局に苦情を申し立てる権利もあります。 また、個人データの修正、削除、および特定の状況下での処理の制限を要求することもできます。 詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください(madeinbocholt.de/datenschutzerklaerung/).

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。