国境を越えたアート展「(No)TimetoWaste」が最後の幕を開ける

国境を越えたアート展「(No)TimetoWaste」が最後の幕を開ける

国境を越えたアート展「(No)Time to Waste」(ドイツ語:失う時間はない)が最後の幕を開けようとしています。ドイツとオランダのアーティストと工芸品企業または美術館との15の協力プロジェクトのうち17がすでに始まっています。 展示会は、コロナパンデミック許可により適用される規則がある場合、9年2月2021日から32月7071日までDRU工業団地のCIVONビル、Hutteweg XNUMX、XNUMX Ulft(NL)で開催されます。

「(No)Time to Waste」は、INTERREGプロジェクト「LeonardodaVinciInnovation」の一環としての2019回目の展示です。 XNUMX年にBocholterKunsthausで「」というタイトルの最初の展示会がありました。ARTEM @ ARTIS -バウハウスの100年へのオマージュ」。 ここでは、両国の26人のアーティストが、バウハウスのアイデア、建築、アート、デザインを彼らの芸術作品に取り入れています。 彼らは国境を越えて合計34のクラフトビジネスで働いた。

コロナパンデミックのため、昨年夏の終わりに予定されていた展示会は開催できませんでした。 2020年XNUMX月から、アーティストやデザイナー間の計画されたコラボレーションと取引を開始して実施できるようになったのは、ドイツとオランダでのロックダウンの後でした。 すべてが可能な限り個人的な接触なしに整理されなければならないので、オランダのパートナー「Warmgroen」は参加者と利害関係者に知らせてネットワークを作るために彼ら自身のInstagramアカウントをセットアップしました。

一部のアーティストは、ドイツの工芸品会社や美術館で働いています。 たとえば、DiederikVerbakelとMariekeHolthuisは、LWL-TextilwerkBocholtと協力して芸術的な織りを扱っています。 オランダのアーティストPietPietersenは、GescherのベルファウンドリPetit&Edelbrockと協力しています。 Arnheim(NL)のAnneke Savertは、考古学のトピックを扱っています。 彼女は、ボコルト市立博物館およびホームケアeVボコルト協会の考古学グループと協力しています。
もうXNUMXつの興味深いコラボレーションは、リードグレージングの分野でのアーティストMonikaAltroggeとDennisKöpperのコラボレーションです。 Ute IdaFischerとKerstinEikmeier(Porta Westfalica)は柳織りを扱っています。 Christa Maria Kirchは、Rhedeの「GoldschmidtböingBedachungenGmbH」という会社で働いています。 「レース」の分野では、オランダのアーティストTheaZweerinkがSuderwickのBärbelSchüürmannと連絡を取り合っています。 ボコルト出身のアーティスト、ジュディス・フォン・トラがこのプロジェクトに参加しています。

ボコルト市の文化教育局は、FreieKulturKommuneボコルトとオランダのプロジェクトパートナー「Warmgroen」と一緒に展示会を開催しています。 現在のプロジェクトは、INTERREGプログラムDeutschland-Nederlandの枠組みの中で実施されており、欧州連合、Gelderland州、およびMWIDENRWが共同出資しています。 これは、ヨーロッパ直接情報センターボコルトとドイツとオランダのネットワーク「Grenzhoppers」によってサポートされています。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。