オンラインマーケットプレイス:市は最初に時間をかけたい

オンラインマーケットプレイス:市は最初に時間をかけたい

小売と美食のためのデジタルマーケットプレイスを設定するとき、市は最初に時間をかけたいと考えています。 今夜の経済開発と観光委員会のトーマス・カーコフ市長は、オンラインでの取引は多くの事業主にとって「依然として高いハードル」であると述べた。 そして彼は、「説得するためにやるべきことがまだある」と付け加えた。 さらに、市内中心部への訪問者に対するIFHの調査によると、多くの顧客もオンライン取引に懐疑的です。

そのため、シティマーケティングでは、次のXNUMX〜XNUMX年間の戦略を決定する前に、まずXNUMXか月間の小売業者のデジタル現状を判断する必要があります。 「もう一度、ディーラーを失望させてはなりません。そうしないと、ディーラーを永久に失ってしまいます」とカーコフは言います。

Made inBocholtについて

Made inBocholtはニュースポータルです。 ここで公開されている記事は、さまざまなソースからのプレスリリースと、通常は帰属によって示される著者の貢献で構成されています。